<企業向け>福祉ケア事業専門
笑顔療法サポートプログラム

オリンピック選手がイヤホンを耳に当てて自分のマインドを整えている姿をご覧になったことがあると思います。

スポーツの世界では今やマインドスキル向上のためのメンタルトレーニングは常識となりました。

これからはビジネスの世界でも自分の持つ最大の力を発揮するためマインドスキル向上が注目されています。

「笑顔療法サポートプログラム」とは

思考×表情×身体

この3つを整えることで自分のマインドを鍛え、常に笑顔になりやすい状態に導く、脳科学に基づいた自己啓発プログラムです。

図のように、中心のハートは自分自身を表しています。

思考×表情×身体を整え、心のグラウンディングを促します。

「私らしい生き方」という解を導き出す方程式
思考

脳のクセを知り、能動的に行動できる思考へと習慣を促す。

思考
表情

表情と感情の関係表情筋トレーニングで感情の変化を体感。

表情
身体

身体の使い方と脳の関係を知る。生活習慣を振り返り、身体と思考の関係を学ぶ。

身体

年間サポートカリキュラム

カリキュラム

【セミナー受講60~120分】(年間6回)

脳のクセに基づいたセミナーの後、身体や表情を動かした体感レッスンやシートに書き出す等グループワーク。

発表各自現場でトライ。

【フォロー研修60~120分】(年間6回)

現場でトライしたことについての振り返りと習慣化するためのフォローアップ。

【美クセノート習慣提案】

各自美クセノートを書く:三行日記

事実・感情・自分への褒め言葉・感謝or事実・感情・相手への感謝

美クセルール なにごともマイナスな言葉で終わらない。

連絡帳などにも出来なかった・ダメだったことのみを書くのではなく最後は良い言葉で終わるよう意識づけ。

ノートに書いたものを翌日の朝礼で活かす等行動を継続できる体制づくり。

1年間を通しての充実サポート

  1. 体感型で記憶に残りやすい研修内容。
  2. 研修・宿題~アフターフォローという課題と行動を組み合わせた
  3. 1年を通しての継続型指導で習慣作りをサポート
  4. 詰込み型ではなく提案型で自ら能動的に動ける人材を育成
  5. スタッフだけでなく利用者さまと保護者さま双方の笑顔もサポート。
1年間を通しての充実サポート

福祉ケア業界専門「笑顔療法サポートプログラム」では、年間を通して現場スタッフと施設利用者さま保護者さまに向けた習慣化サポートを行っています。 1回の研修で1つの課題と宿題を提案、1ヶ月でトライ&振り返り。(研修6回・サポート6回)

  • 年間で6つという、スタッフの心に負担の無い数の課題で習慣化を促す。
  • 同じ課題をこなすことでスタッフのコミュニケーション力向上
  • 施設とスタッフの橋渡し的役割(年12回双方からヒアリングを行います)
  • 保護者さま向け(子ども同伴可能)研修(年1回)
  • 脳のクセに基づいたルール提案でスタッフの心の充実をはかります。
  • 1年後には6つの課題が習慣化され、スタッフの日常に落とし込みが出来ます。
  • 課題をこなすことでスタッフの自信につながります。
  • 職場環境の改善(コミュニケーションの向上による)や仕事への向き合い方を 自ら感じ取る力を養成することで離職率の軽減につなげます。

感情に支配されず常に「事実」と向き合い、自ら課題解決の方法を思考する能動的に動くようになります。

そんなスタッフを笑顔療法サポートプログラムでは養成しています。

【スタッフ研修例】
  1. 無意識を意識する。~脳のクセと役割(思考)~
  2. セルフイメージにフォーカスする(思考・身体)
  3. 言葉が脳にあたえる影響(思考)
  4. 表情とコミュニケーション(表情)
  5. 世界観を変えるトレーニング(思考)
  6. マインドフルネスとは?自分の「整え方」を知る(身体)

その他ご要望に応じた研修を行います。

【単発研修】

1ワーク(60~120分)研修と課題提案 /
35,000円 (交通費別)

初回限定特別セミナー(60~120分)/
20,000円(交通費別)

【年間契約】

  • 月一研修(60~120分研修と課題提案)×6回
  • 月一アフターフォロー(60~120分課題の振り返りと習慣化)×6回
  • 保護者向け研修 年1回
  • 施設&スタッフヒアリング(60分~120分)月一回 計12回(施設側・スタッフ側別日60分ずつでも可

ご契約費用:定価 420,000円 
→ 360,000円(税別・交通費別)

是非「介護職員処遇改善加算」とともにご活用ください。

介護職員処遇改善加算とは?

介護職の給与UP+やりがいの持てる職場づくりを促進するための制度。

介護事業所が職員のキャリアアップの仕組みや職場環境の改善計画をたて 都道府県や市町村などの自治体に報告、その報告をもとに自治体が 「給与の上乗せ費用」を追加して支給し支給されたお金を 介護職員へ給与として支給。給与UPにつなげる仕組み。

  • 月一研修(60~120分研修と課題提案)×6回
  • 月一アフターフォロー(60~120分課題の振り返りと習慣化)×6回
  • 保護者向け研修 年1回
  • 施設&スタッフヒアリング(60分~120分)月一回 計12回(施設側・スタッフ側別日60分ずつでも可

取得するためには上記の取り組みが必要となります。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP